安定稼働のメタトレーダーで稼ぐ

ポジションを持ち越さない取引方法

fxとはもともとデイトレードが火を付けたとも言われるほどでもっとも多く取引が行われている形態となっています。デイトレードとは、1日の中で取引を完結させて、ポジションを持ち越さない取引方法です。FXは24時間の取引ができるので、どこまでがデイトレードと言えるのか難しい面もありますが、基本的にポジションを持ち越さない投資方法と考えれば良いでしょう。10分足や60分足といった短時間のチャートを参考にして、トレンドの方向を読みながら、数十分から数時間程度の取引を複数回行なうことが多いようです。

oiurer デイトレードの最大のメリットは、ポジションを持ち越さないので、取引をしていない時に相場の急変があっても大きな損失を被らないことにあります。これはバイナリー取引がしっかりとこの仕様を受け継いでいるといえます。また短時間で多くの取引を繰り返すスキャルピングに比較すると時間的に余裕があるので、しっかりと考えた取引ができることや取引手数料がかかる場合には、そのコストが少なくなることもあります。

スイングトレードとは?

スイングトレードとは、デイトレードが1日で取引を完結するのに対して、数日の単位で取引を行なうことを言います。より長いスパンの値動きを予想して取引を行なうのです。したがって参考にするテクニカルチャートは、日足などのチャートとなります。より大きなトレンドを読むことになり、その分得る利益も比較的大きくなります。しかしその分リスクも大きくなるので、デイトレードよりも小さめのポジションで挑むことになります。

為替相場は、株式などに比較するとボックスで動くことが多いので、相場の転換点には注意が必要です。慌てずに取引ができることが、スイングトレードの大きなメリットですが、為替相場は株などに比較しても予想が難しいので、リスク管理はしっかりとする必要があります。FXでスイングトレードのみを行っている人はあまり多くなく、多くの人は、デイトレードと組み合わせて運用しています。