安定稼働のメタトレーダーで稼ぐ

FX取引ならわずかな資金で大きな利益を狙うチャンスあり!

マイナス金利導入以降、ドル安円高のトレンドが続いています。いずれは1ドル=110円台を割るともいわれ、株安でなかなか利益が出ないなか、為替取引は投資家にとって大きなチャンスといえます!

でも、投資を始めるにはそれなりの資金がいるのでは?

そう考えている人も多いですよね。

でも、FX取引ならその心配はいりません。なぜなら、わずかな資金でより多くの利益を引き出すことができるレバレッジこそが、FX取引の最大の特長だからです!

レバレッジというのは、テコという意味です。テコの原理なら、小さな力で大きな物も動かすことができる、とえば何となくイメージがわくのではないでしょうか?

株取引をしたことがある人なら、信用取引と同じようなものといえば分かりやすいかもしれませんね。信用取引というのは、一定の証拠金を担保にして、それより大きな金額で取引ができるシステムのことです。

たとえば、1株100円の株式があるとします。これを1,000株購入するには、10万円が必要ですよね。ところが、信用取引を利用すれば、それより少ない資金を証拠金にすることで、実際に10万円分の取引ができてしまうんです!

FX取引のレバレッジも、これとまったく同じシステムだと考えてください。先ほどと同じように、米ドル/円=100円を1,000通貨単位分購入するとします。このとき、10倍のレバレッジをかければ、わずか1万円で取引することができるわけです!

このとき、利益がどうなるの考えてみましょう。たとえば、米ドル/円のレートが100円から110円まで上昇したとします。すると、1ドルにつき10円分の利益となるので、トータルで10×1,000=1万円の利益となります。つまり、証拠金に使用した資金から、一気に2倍になったと考えられるわけです!

もしもレバレッジがなければ、同じ利益を出すのに10万円が必要だったことになるわけで、それを考えるとFX取引がいかに手軽に利益を上げることができるトレードなのか、よく分かっていただけるのではないでしょうか?

ただし、利益が大きく出る分、逆に損失が出てしまったときにはマイナスも同じだけ大きくなるので、十分に気をつけてください!

プロの投資家ともなると、200倍ほどの大きなレバレッジをかけることもありますが、サイドビジネスで行うトレーダーなら、だいたい10倍くらいが適当な倍率でしょう。

初心者の方は、まず取引に慣れるまで、数倍くらいのレバレッジからチャレンジしてみることをおすすめします!

現在の為替相場は、アメリカの経済指標で良い結果が出たにもかかわらず、長期金利の低下や原油安もあって、いまだにドル安のトレンドが止まる気配がありません。今後は、アメリカの追加利上げや日本の消費増税見送りくらいしか、ドル高に反転する材料はないと考えてよいでしょう。そのタイミングに気をつけつつ、ぜひチャンスをつかんでみてください!